« いけめん夫婦 | Main | 実は遊んでいるだけで・・・ »

November 09, 2005

夢見るアンディさん

すでにご存知のように、私は結構凝り性で、気になるものは徹底的に調べたくなる人である。

で、もすかう以降、ジンギスカンが気になって仕方がない。

かつ、調べてみると、グループのジンギスカンも、モンゴル帝国のジンギスカンもかなり興味深い。

まず、ロックグループのジンギスカン。

ジンギスカンは1979年にドイツのプロデューサー、ラルフ・ジーゼルと経済学者であったベルント・マイヌンガー博士が作った曲。彼らがボニーMのヒット曲「怪僧ラスプーチン」をモデルとしてジンギスカンという曲を作り、それをヨーロッパの音楽界の登竜門でもある「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」に応募するために集められたのがロックグループ仁義すっかんである。6人のうち5人はその時にオーディションで選ばれた。「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」ドイツ国内予選ではグランプリを獲得し、本選出場を果たしたものの本選でのグランプリはならなかった。

後ろにいる大きなおじさんはルイス・ヘンリック・ポンジェッター という方で、南アフリカ出身。解散後は南アフリカへ戻り、ホテルのマネージャをしていたがAIDSでなくなっている。

また、結成時にはヘンリエッテ・ハイヒェルとウォルフガング・ハイヒェルは結婚なさっていたらしい。

チンギス・ハーンについてはこちら。かなり長いのだが、読む価値あり。

連戦連勝のイメージがあるが、この人の幼少期ってものすごい。普通だったら絶対死んでる。まさに奇跡の集合で大帝国を作り上げていったらしい。

かつ、彼は人類史上、自分の遺伝子を最も多く広めた人間としても知られており、かれのY遺伝子を持つ子孫はアジア、ヨーロッパに1600万人もいるそうな。

私の昔のハンドルがTemujinだったこともあり、なんか色々と感慨深い・・・

|

« いけめん夫婦 | Main | 実は遊んでいるだけで・・・ »

Comments

え~、難しい。
食べるジンギスカンは好き。

Posted by: レオレオ | November 09, 2005 at 01:56 PM

この人を題材にした井上靖の「蒼き狼」を読んだことがあるんです。
自分の出自、出生の不確かさから、猛き狼の血(=モンゴル人の血)を追い求めて、激動の生涯を生き抜いた男、という感想を持ちました。
自分の遺伝子を振りまいたのも、自分の母親を含め、正妻も妾も、女という女を尽く「心から信じられない存在」としていたことの裏返しなんでしょう。

Posted by: りんごママ | November 10, 2005 at 07:49 PM

コメントありがとうございます。

羊焼肉は、最近やたら見かけるようになりました。
でもなぜか北海道以外で食べる気がしません・・・

蒼き狼 読んでみたいんですよ。
かなりはまりそうな気がします。私も遊牧民族っぽいからかもしれません。。。
なぜか彼と私は似たところがあるよな気がするんですよね。

P.S.
期間限定コンテンツ消去とともに、コメントも消えちゃいました・・・スミマセン。。。無視したわけじゃないんです。。。

Posted by: ケロロ | November 11, 2005 at 01:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60842/6906208

Listed below are links to weblogs that reference 夢見るアンディさん:

« いけめん夫婦 | Main | 実は遊んでいるだけで・・・ »